ゲートボールが流行したとき

ゲートボールで元気な高齢者 一時期、ゲートボールが物凄く流行したことがあります。高度経済成長のときなのですが、老人を中心に大流行したのです。大した費用がかかるものではありませんし、また、チームプレーを楽しむことができるスポーツでもありますから、集まることが大好きな世代だったこともあり、とても流行したわけです。ちなみに今ではアジア各国に普及して、実は日本より人気があったりしているところがあります。元々、戦後になって日本で開発されたゲームであり、実は元々は子ども向けのゲームだったのです。そんなに多くの道具が必要ではなく、子供が不良化しないためにとにかく何かに熱中させようとして生まれたスポーツだといわれています。今ではしっかりとスティックとかゲートとかボールがしっかりとありますし、それなりの値段なのですが、要するに棒と玉と何かゴールとするものがあれば、出来るわけですから、やろうと思えばその辺にあるもので遊ぶことができるのです。

もちろん、今では国際大会が開かれるほどしっかりとルールが決められています。1チーム5人であり、細かい規定もあります。ですから、キチンとやろうとすればそれなりに初期費用がかかります。しかし、最初だけですから、始めることはかなりお勧めできます。


Copyright(c) 2017 ゲートボールで元気な高齢者 All Rights Reserved.