ゲートボールは非常に良い

ゲートボールで元気な高齢者 ゲートボールといのうは、戦後になって作られた日本が発祥のゲームです。元々は子供向けではあったのですが、高度経済成長期に老人を中心に大ブームとなり、どこの公園でも朝早くからご老人がゲートボールをやっている光景が見られたものです。今でもそれなりに人気がありますし、実はアジアではかなり普及しています。道具も最初に揃えてしまえばそれをかなり長く使うことができますし、そこまで激しい運動をするわけではありませんから、実は老人にぴったりのゲームであり、普及したのも実に明快なことであるといえます。ルールもそこまで複雑ではなく、要するに順番に打っていき、ゴールを目指す、と言う形になります。しかし、チームでやることになりますから、それなりに大変ではあります。1チーム5人ですから、最低でも10人は必要になります。公園のような広いところが必要になりますが、それでも日本中にいくらでもありますから、それもまったく問題ないことです。

但し、最近は公園で球技を禁止しているところが多くなっています。ゲートボールが球技か、というと非常に微妙なところではありますが、球技が禁止されているところでやろうとしている場合は、管理者に確認することです。


Copyright(c) 2017 ゲートボールで元気な高齢者 All Rights Reserved.