ゲートボールは実は日本発祥です

ゲートボールで元気な高齢者 ゲートボールは元も日本で考案された遊戯です。1947年に北海道芽室町において、考えられたのです。スポーツといってもよいです。クロッケーをヒントに考えられたとされてまいす。元々は道具のない子供のため、そして、子供の不良化防止のために作られた遊びだったのです。何かルールのある、キチンとした遊びをさせれば不良化しない、と考えたのです。実際にこの考えは正しいです。その後、高度経済成長期に高齢者向けスポーツとして爆発的に人気が出て、流行したのです。記憶にある人も多いでしょうが、老人が公園で朝早くからやっているというイメージが強いスポーツです。今ではアジアを中心に世界的に人気があります。1チームは5人であり、そこそこの人数がいないと出来ないスポーツでもあります。

簡単に言えば、十人で順番にゲートの通過、そしてゴールに当てることを目指すスポーツです。当然、最初に五人、つまりはチーム全員がゴールしたほうが勝ちになります。ですから、チームプレイがとても大事になります。コミュニケーションのツールとしても良いものであり、それなりに歩いたり、集中力も必要になりますから、頭にも体にも良いスポーツであるといえます。ですから、興味があったらやってみることです。


Copyright(c) 2017 ゲートボールで元気な高齢者 All Rights Reserved.